賊軍の昭和史 電子書籍 ストア 評判 おすすめ

BookLive「ブックライブ」の賊軍の昭和史無料立ち読み


薩長(さっちょう)史観に隠された歴史の真実!“官軍(かんぐん)”が始めた昭和の戦争を“賊軍(ぞくぐん)”が終わらせた!!鈴木貫太郎(関宿)、石原莞爾(庄内)、米内光政(盛岡)、山本五十六(長岡)、井上成美(仙台)……など、幕末維新で“賊軍”とされた藩の出身者たちの苦闘を通して「もう一つの昭和史」を浮かび上がらせた異色の対談。奥羽越列藩同盟など、幕府方につき新政府軍(官軍)抵抗した藩は、維新後「賊軍」としてさまざまな差別を受けた。その藩士の子息たちは、陸軍、海軍で薩長閥によって非主流派に追いやられ、辛酸をなめることになる。やがて昭和に入り、日独伊三国同盟に反対した海軍の米内、山本、井上の賊軍トリオは、主流派である薩長閥に抗しきれず開戦を迎える。そして、“官軍”が始めた無謀な戦争により滅亡の瀬戸際まで追い込まれた日本を救ったのは、鈴木貫太郎、米内光政ら賊軍出身者だった――。新視点からあの戦争の真相を読み解き、いまに続く“官軍”的なるものの正体を明らかにする。★著者の言葉半藤一利「あの戦争で、この国を滅ぼそうとしたのは、官軍の連中です。もっとも、近代日本を作ったのも官軍ですが……。この国が滅びようとしたとき、どうにもならないほどに破壊される一歩手前で、何とか国を救ったのは、全部、賊軍の人たちだったのです。」保阪正康「太平洋戦争を批判するとき、実は薩長政権のゆがみが継続していた点は見逃せないのではないでしょうか……。薩長閥の延長にある軍部を(賊軍の官軍的体質といったものまで含めて)批判するという視点がそのまま持ち込めるように思います。」
続きはコチラ



賊軍の昭和史無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


賊軍の昭和史詳細はコチラから



賊軍の昭和史


>>>賊軍の昭和史の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」賊軍の昭和史の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する賊軍の昭和史を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は賊軍の昭和史を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して賊軍の昭和史を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」賊軍の昭和史の購入価格は税込で「1296円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




読んだあとで「期待していたよりもつまらなかった」と後悔しても、単行本は返品が認められません。だけども電子書籍ならあらかじめ試し読みすることが可能なので、このような失敗を防ぐことができるというわけです。
BookLive「賊軍の昭和史」のサイト次第では、1巻の全ページを無料で試し読みすることが可能というところも存在しています。まずは1巻だけ読んでみて、「楽しいと思ったら、続きの巻を有料にてDLしてください」という販売促進戦略です。
書店では、展示場所の関係で本棚における書籍数に限度がありますが、BookLive「賊軍の昭和史」だったらこのような問題が起こらないため、オタク向けのコミックも多いのが特徴でもあるのです。
BookLive「賊軍の昭和史」を有効活用すれば、自分の部屋に本棚を置く必要は皆無です。新しい本が出るタイミングでお店に向かう手間も省けます。このような面があるので、利用を始める人が増え続けているのです。
小さい時に読んでいた往年の漫画も、BookLive「賊軍の昭和史」という形でダウンロードできます。一般の書店では取り扱っていない漫画もラインナップされているのがポイントだと言うわけです。




賊軍の昭和史の情報概要

                    
作品名 賊軍の昭和史
賊軍の昭和史ジャンル 本・雑誌・コミック
賊軍の昭和史詳細 賊軍の昭和史(コチラクリック)
賊軍の昭和史価格(税込) 1296円
獲得Tポイント 賊軍の昭和史(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ