科学者は戦争で何をしたか 電子書籍 ストア 評判 おすすめ

BookLive「ブックライブ」の科学者は戦争で何をしたか無料立ち読み


ノーベル賞科学者・益川敏英が、自身の戦争体験とその後の反戦活動を振り返りながら、科学者が過去の戦争で果たした役割を詳細に分析する。科学の進歩は何の批判もなく歓迎されてきたが、本来、科学は「中性」であり、使う人間によって平和利用も軍事利用も可能となる。そのことを科学者はもちろん市民も認識しなければならないと説く。解釈改憲で「戦争する国」へと突き進む政治状況に危機感を抱く著者が、科学者ならではの本質を見抜く洞察力と、人類の歴史を踏まえた長期的視野で、世界から戦争をなくすための方策を提言する。【目次】はじめに/第一章 諸刃の科学―-「ノーベル賞技術」は世界を破滅させるか?/第二章 戦時中、科学者は何をしたか?/第三章 「選択と集中」に翻弄される現代の科学/第四章 軍事研究の現在――日本でも進む軍学協同/第五章 暴走する政治と「歯止め」の消滅/第六章 「原子力」はあらゆる問題の縮図/第七章 地球上から戦争をなくすには/あとがき
続きはコチラ



科学者は戦争で何をしたか無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


科学者は戦争で何をしたか詳細はコチラから



科学者は戦争で何をしたか


>>>科学者は戦争で何をしたかの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」科学者は戦争で何をしたかの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する科学者は戦争で何をしたかを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は科学者は戦争で何をしたかを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して科学者は戦争で何をしたかを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」科学者は戦争で何をしたかの購入価格は税込で「680円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




老眼に見舞われて、目の前の文字がぼやけるようになったという読書が好きな高齢者には、スマホ上で電子書籍を楽しめるようになったというのは、物凄く意味のあることなのです。フォントサイズを自分に合わせられるからです。
電子書籍ビジネスにはいろんな会社が進出してきていますから、必ず比較してから「どの電子書籍を選択するのか?」を決定するようにしたいものです。本の種類が多いかとかサービス、料金、使い心地などをチェックすると間違いありません。
手持ち無沙汰を解消するのにバッチリなサイトとして、人気を集めているのがBookLive「科学者は戦争で何をしたか」なのです。本屋まで行って漫画を探さなくても、スマホさえあればいつでも読めるという所が便利な点です。
BookLive「科学者は戦争で何をしたか」を楽しむなら、スマホをオススメします。重いパソコンは持ち歩くことが不可能ですし、タブレットも電車の中などで読みたいという場合には、大きすぎて使いづらいと想定されるからです。
スマホを介して電子書籍を手に入れれば、電車での移動中や午後の休憩時間など、場所を選ぶことなく楽しむことができるのです。立ち読みもできてしまうので、ショップまで行くことは不要です。




科学者は戦争で何をしたかの情報概要

                    
作品名 科学者は戦争で何をしたか
科学者は戦争で何をしたかジャンル 本・雑誌・コミック
科学者は戦争で何をしたか詳細 科学者は戦争で何をしたか(コチラクリック)
科学者は戦争で何をしたか価格(税込) 680円
獲得Tポイント 科学者は戦争で何をしたか(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ