「胃ろう」は本当に必要か? 終末期医療の難題 電子書籍 ストア 評判 おすすめ

BookLive「ブックライブ」の「胃ろう」は本当に必要か? 終末期医療の難題無料立ち読み


口から食べ物や飲み物をとれなくなった高齢患者の胃に穴を開け、管を通して直接流動食や薬などを投与する人口的な栄養補給法の「胃ろう」。だが、日本老年医学会の医師1000人のアンケート回答から、中止したり差し控えたりする医師が半数以上いることが明らかになった。その理由とは何か。「胃ろう」は本当に必要なのか。患者・家族の悩み、医師との意思疎通の問題なども含め、高齢者の終末期医療のあるべき姿を探る。※2012年7月13日に発行したものを2013年4月26日に無料公開しました。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。【文字数:7221文字/単行本換算で13ページ】
続きはコチラ



「胃ろう」は本当に必要か? 終末期医療の難題無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


「胃ろう」は本当に必要か? 終末期医療の難題詳細はコチラから



「胃ろう」は本当に必要か? 終末期医療の難題


>>>「胃ろう」は本当に必要か? 終末期医療の難題の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」「胃ろう」は本当に必要か? 終末期医療の難題の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する「胃ろう」は本当に必要か? 終末期医療の難題を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は「胃ろう」は本当に必要か? 終末期医療の難題を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して「胃ろう」は本当に必要か? 終末期医療の難題を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」「胃ろう」は本当に必要か? 終末期医療の難題の購入価格は税込で「216円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




他のサービスを押しのけながら、こんなにも無料電子書籍が普及している要因としては、地元の書店が消滅しつつあるということが想定されると聞いています。
空き時間を面白おかしく過ごすのに打ってつけのサイトとして、評判になっているのが手軽に利用できるBookLive「「胃ろう」は本当に必要か? 終末期医療の難題」です。わざわざ本屋で欲しい漫画を探したりせずとも、スマホだけでスグに読めるという部分が大きなポイントです。
漫画が大好きな人にとって、手元に置いておける単行本は大事だと思いますが、「漫画は読めれば十分」という人であれば、スマホで読むことのできるBookLive「「胃ろう」は本当に必要か? 終末期医療の難題」の方が扱いやすいでしょう。
趣味が漫画集めなのを隠匿しておきたいと思う人が、このところ増えているようです。自分の部屋に漫画の置き場所がないような方でも、BookLive「「胃ろう」は本当に必要か? 終末期医療の難題」を使えば誰にも知られることなく漫画を読み続けられます。
「アニメについては、テレビで見れるものを見ているだけ」というのは過去の話でしょう。どうしてかと言えば、無料アニメ動画などをネットを経由して見るというパターンが浸透しつつあるからです。




「胃ろう」は本当に必要か? 終末期医療の難題の情報概要

                    
作品名 「胃ろう」は本当に必要か? 終末期医療の難題
「胃ろう」は本当に必要か? 終末期医療の難題ジャンル 本・雑誌・コミック
「胃ろう」は本当に必要か? 終末期医療の難題詳細 「胃ろう」は本当に必要か? 終末期医療の難題(コチラクリック)
「胃ろう」は本当に必要か? 終末期医療の難題価格(税込) 216円
獲得Tポイント 「胃ろう」は本当に必要か? 終末期医療の難題(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ