孤舟 電子書籍 ストア 評判 おすすめ

BookLive「ブックライブ」の孤舟無料立ち読み


主人公の大谷威一郎は、大手広告代理店常務を務め、関連会社子会社の社長ポストの内示を蹴って、定年退職をする。定年退職後は、楽しい第二の人生が待ち構えているかと思いきや、家族に対しては相変わらず威張りちらし、「粗大ごみ」化してしまう。当然、夫婦関係、親子関係がぎくしゃくしてしまい、飼い犬のコタロウが相手だけの時間を持て余す生活が続く。やがて、ひょんなことから若い女性と付き合いだし、人生が華やいでくるが……。いずれ誰もが迎える定年退職後の生活を、どう過ごすか、問題を提起した考えさせられる傑作。【著者プロフィール】1933年北海道生まれ。札幌医科大学卒業後、母校の整形外科講師となり、医療と並行して小説を執筆。1970年『光と影』で第63回直木賞受賞し、本格的に作家活動を開始。1980年『遠き落日』『長崎ロシア遊女館』で第14回吉川英治文学賞を受賞。1997年に刊行された『失楽園』は大きな話題をよび、映画化、テレビドラマ化された。2003年には紫綬褒章受章。著書は『鈍感力』『ひとひらの雪』『化身』『化粧』『孤舟』『うたかた』『花埋み』など多数。
続きはコチラ



孤舟無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


孤舟詳細はコチラから



孤舟


>>>孤舟の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」孤舟の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する孤舟を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は孤舟を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して孤舟を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」孤舟の購入価格は税込で「702円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




コミックなどの書籍代金は、1冊1冊の購入代金で見れば安いかもしれませんが、沢山買えば月々の利用料金は高くなります。読み放題というプランなら料金が固定なので、書籍代を抑制できます。
「電車やバスに乗っていてコミックブックを開くなんて出来ない」、そんな人であってもスマホ内部に漫画をダウンロードしておけば、羞恥心を感じることから解放されます。ココがBookLive「孤舟」の人気の理由です。
現在連載中の漫画はまとめて買わないといけないので、さしあたって無料漫画で読んでチェックするという人が目立ちます。やっぱり立ち読みせず購入を決断するのは難しいのでしょう。
常時新作が追加になるので、何十冊読んでも読みたい漫画がなくなるという状況にはならないというのがコミックサイトの売りです。書店にはないちょっと前のタイトルも閲覧可能なのです。
その日を効率的に過ごしたいとおっしゃるなら、空き時間を上手に活用すべきでしょう。アニメ動画の視聴に関してはバスの中でもできますから、これらの時間を活用するようにしてください。




孤舟の情報概要

                    
作品名 孤舟
孤舟ジャンル 本・雑誌・コミック
孤舟詳細 孤舟(コチラクリック)
孤舟価格(税込) 702円
獲得Tポイント 孤舟(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ